概要

世界最大級の外部精度管理用食品検査技能試験に参加して、他のラボと分析技能の比較をしてみませんか?

分析検査機関や民間企業の品質管理部門など食品分析を行うラボが確かな試験方法を用いて、分析結果を科学的に保証するためには、内部精度管理の他に定期的な外部精度管理を行うことが必要であると言われています。最近このような分析データの質への保証意識が近年高まりを見せており、ISO/IEC 17025の試験所認定を受ける機関が多くなる中、適切な技能試験に参加することは必須であると言えます。

FAPAS/FEPAS/GeMMA/LEAPは、
英国環境食料農村地域省(Department for Environment, Food and Rural Affairs, 略称DEFRA)傘下の
独立行政法人である英国食料環境研究庁(The Food and Environment Research Agency, 略称Fera)が、1990年に国際調和プロトコールに沿って開発した信頼ある食品検査及び水質検査の技能試験スキームです。
ラボの検査技能を証明する方法として、これまで世界99ヶ国以上、3000以上のラボが参加しており、
国内では250ヶ所以上のラボが参加しています。

ILAC G13: 2007による評価に基づき、英国認定機関(United Kingdom Accreditation Service, 略称UKAS)からISO/IEC 17043:2010に関する認定を受けておりますのでご安心して技能試験へご参加下さい。

是非とも世界規模で行われる食品検査技能試験へご参加頂き、ラボの精度管理・試験所認定取得にお役立て下さい。

特長

FAPAS/FEPAS/GeMMA/LEAPは次のような特長があります。
ラボの検査技能をアピールできます。
ラボの分析システムの問題点を見つけ出し、検査技能の改善・向上を行えます。
試験所認定を受ける際に役立ちます。
他の参加者が用いた試験法のパフォーマンスを比較できます。

スキーム

大きく分けて4つのスキームがあり、食品化学検査分野のFAPAS、微生物検査分野のFEPAS、遺伝子組換え食品検査分野のGeMMA、水質検査分野のLEAPがあります。 検査項目は各種用意しておりますので、お客様の検査項目に合った技能試験を選択して下さい。

FAPAS [ファーパス]
食品化学分析技能評価スキーム

Food Analysis Performance Assessment Scheme
例:栄養成分・残留動物用薬物・アレルゲン・アフラトキシン・残留農薬等

FEPAS [フィーパス]
食品微生物検査技能評価スキーム

Food Examination Performance Assessment Scheme
例:総生菌数測定・サルモネラ・リステリア・ビブリオの検出等

GeMMA [ジェンマ]
遺伝子組換え食品の定性・定量検査技能評価スキーム

Genetically Modified Material Analysis Scheme
例:Roundup Ready Soya・MON810・NK603・GA21の検出等

LEAP [リープ]
水質検査技能評価スキーム

Laboratory Environmental Analysis Proficiency Scheme
例:飲料水の化学分析・微生物分析・寄生虫分析等

各スキームの分析用サンプルは、出荷日にお申込者様宛てに直接出荷されます。参加者様はでルーティンで使用している分析方法でサンプルを分析し、その結果をインターネット経由でFeraへ報告して頂きます。 Feraが参加者様から送信された分析結果を統計解析し、約5週間後に評価レポートを発行致します。

レポート

評価レポートには次の特徴があります。
第三者や他の参加者に対して、ご自身の結果が知られる事はありません。
ウェブ上で閲覧できますので、インターネット環境があればどこでもご確認できます。
PDFファイルなので、印刷・保存・閲覧が簡単です。
ペーパーコピー(ハードコピー)のレポートも購入可能です。
他の参加者の使用した試験方法の詳細を含む、情報量の多いレポートです。
他の参加者と比較し易いデータが記載されています。
過去のラウンドの評価レポートを購入することもできます。